迷えるリーマンからの挑戦状

35歳で不動産へ7億円超を投資。ビジネス人生の中間点を迎えた迷えるリーマンの日々を綴る。

#2 天皇陛下のお言葉

8月8日午後3時30分、職場でスマホをいじりながら

宮内庁のホームページに掲載された天皇陛下のお言葉を読んだ。

 

慈愛に満ち溢れていると感じた。

同時に高齢化に伴う苦悩も感じられた。

 

東日本大震災、そして今年の熊本大地震で被災地に足を運ばれ

体育館でお膝を曲げて、被災者に耳を傾ける姿をテレビで拝見し

大きな感銘を受けたのが今も眼に焼き付いている。

 

これほどまでに自身を厳しく律し、国民に愛を注がれた方を

私は他に知らない。

 

幼いころは陛下の素晴らしさを正直理解できなかった。

生まれ育った家庭においても、皇室が話題にのぼることがなかったことも

原因の一つかもしれない。

 

でも今は理解できる。

長い日本の歴史を築かれた底知れぬ力も感じる。

 

今日の陛下のお言葉を聞き、その気持ちに寄り添うことのできる

政治家がどれほどいるのだろうか。

 

政治家にとって皇室問題を扱うことは票にはならないだろうし

現状の皇太子妃殿下の体調を鑑みても、真正面から取り組むことは

憚れるのかもしれない。

 

しかし、今日のお言葉を聞いて何の活動も起こさないなら

「日本人」の政治家の資格はないよ。